NATURAL ANCHORS ナチュラルアンカーズ|長野市にあるアウトドアセレクトショップ

トップページに戻る

INFORMATION ナチュラルアンカーズからのお知らせ

営業案内

新製品awaia/山行後のリカバリーにも大活躍のアンクルウォーマーが入荷!

2020.11.23営業案内

11月半ば過ぎて、もうすぐ真冬到来というこの時期ですが、先日まではまさかの温暖な日々が続き、そしてこの3連休も晴れて少し暖かでしたね。それでも朝晩の長野ならではの寒さは健在。

そんな毎日の寒暖差にやられないよう日々の体感調節やレイヤリングが本当に大切だと感じます。

ちょうど寒さが入り混じりはじめた今月アタマに、新しく取り扱いがはじまったawaiwaのアンクルウォーマーが入荷しました!

足冷えを解消し、日常から足指とかかとでしっかりと踏み締めるということをしっかりサポートしてくれて、山行やロッククライミングなど様々なアウトドアフィールドで酷使した足首と足裏をリカバリーするためにとても役立つウールベースのアンクルウォーマーです。

通常の起毛方法は 出来上がった生地をけがくことで起毛させるので 繊維が破断しますがawaiaで使用する生地は、日本で1社のみ持っている特殊な編み機で起毛させながら生地を編み上げているので繊維の破断が少ないため高い生地密度と保温力があります(awaiaサイトより一部抜粋)。

生産ラインは2種類、アクティブラインのウールアクリルタイプと、リカバリーラインのウールタイプ。

実際に使ってみても、ウールアクリルタイプは街やフィールドでアクティブに動くときに、しっかりと踏みしめたい足指とかかとを解放し、冷えを起こしやすい足首しっかりとカバーしてくれてサンダルやとの相性が抜群!

ウールタイプは、山行やロッククライミング後のリカバリー用として足をしっかりと包みこみ、同時に温めててくれるので翌日に疲れを残したくないときにオススメです。自宅内でのお風呂上がりや温泉やサウナの後などにもピッタリ!

フリーサイズでユニセックス。そして嬉しいことにリバーシブル仕様で長く使えます。デザインも色味もとてもシンプルなのでどんなスタイルにも合わせやすく、寒い冬の時期にはウールソックスなどとの重ね履きにより、さらに保温力が上がるので自分の生活スタイル、山行スタイルにあわせて是非チョイスしてみてください。

気になる毛玉や毛羽立ちも使っているうちにそれなりに出てはきますが、そんな時は隠さずあえて起毛側をオモテにし、もう少し毛羽立たせて使ってみる!なんて遊び心を持って長く使ってもらえたらと思える製品です。

《アンクルウォーマー ウール 》¥4,800(税抜)

上質なメリノウールを使用しているので、ウールのチクチク感がとても少なく、天然素材の優しい温かさと肌触りを感じて頂けます。
=Material=
Acrylic : 77%
Wool : 77%
Polyester 18%
Nyron 2%
*肌に触れる部分はwool :100%

Unisex/reversible仕様
Size:Free
Color:Black
made in Japan

《 アンクルウォーマー ウール×アクリル》 ¥4,800(税抜)

化学繊維を多く使うことで生地の耐久性と速乾性が高く、山行やトレーニング、デイリーユースにはこちらがオススメです。

=Material=
acrylic : 70%
wool : 16%
polyester 12%
Polyurethane 2%
*肌に触れる部分はacrylic : 80%,wool : 20%

Unisex/reversible仕様
Size:Free
Color:Gray
made in Japan

これから寒い季節に篭りがちな足指は解放し、大切な足首は冷やさないルーティンをつくってみるとよいかもしれません。そしてシーズンに関係なく365日で足先を地につけ意識して過ごすことで、日々の見えないトレーニングにもつながるのではないでしょうか。

店舗にてご試着もいただけますので、お気軽にご相談ください。

イベント”PACKING MEETING”vol.00

2020.11.03営業案内

毎度のことですが、久しぶりの投稿。
前回投稿が8月のイベントYAMASAI…
既に11月に突入、夏から秋を駆け抜けた感じでしたが店内は秋冬アイテムへと入れ替わり、本格展開がはじまったUL系ブランドの”山と道”に加え、2020年春に立ち上がった地球環境と人に配慮してつくられるアウトドアウェアのSTATIC、クライミングやアルパインクライミング、登山にフォーカスし2002年に設立された英国ブランドCRUX、ハイカー、サイクリストでもあるデザイナー自らフィールドテストを繰り返しながら開発してつくられバックパックを中心に展開するrawlowmountainworksなど、それぞれ入荷しています。

山と道はA/Wより、いよいよ本格的に各ラインナップ揃ってきています

それに加えて、引き続き通年の必需品である栄養補給・行動食としてAPPLETRIP、BIVOUAC RATION(ビバークレーション)、PAPERSKYロゴ入りのナルゲンボトルやMOKUタオル、Rueの真鍮スプーン、そして好評のTritensilのカトラリー にウルトラライト装備に欠かせないコッヘル類のtoaks、そしてアウトドアイベント’YAMASAI’でも注目度が高かったsanzoku productsの山賊テーブル、そして根強い人気のアウトドアソックス’andsox’など現在は国内からの入荷のものが多く揃っています。

コロナ禍に伴い、今年の春より海外買付けは休止中です。
ネットでの買付けをしないのですか、と言われることも多いのですが、できれば現地で手にとって納得できるアイテムを仕入れたいと思っているため現在は見合わせています。何とぞご理解ください。これまでに買い付けしたアイテム在庫は若干ありますので引き続きご覧いただけたらと思います。

そしてこの夏のYAMASAIを皮切りに、徐々に企画イベントも再開しています。
10/23に行ったのはPACKING MEETING(パッキングミーティング*あえて文法無視の造語です)。

この春夏を振り返って、そして来春からの山行に向けて、みんなで装備を持ちよって意見交換会のようなものをやってみたい。

そんな気持ちから企画したイベントです(以下募集時の内容抜粋)
———-


みんな、パッキングってどうしてる?

そんな人のための
“PACKING MEETING” 
*つっこみ覚悟で文法さておき、あえてつくったフレーズです

山へ行くときに頭を悩ませるパッキング

どんなものをもっていく?
気候によってウェアをどう選んでいこう?
レイヤリングどうしてる?
これって本当に必要?
これがないと不安!
これ持って行ってよかった!!

グリーンシーズンを終えた今だからこそ、この春夏を振り返り、自分や他の人がどんな装備をもっていったのか、パッキングでいちばん悩むことって何?など、聞いてみたいアレコレ

実は一緒に山に入った仲間やまわりの人たちがどんなパッキングしているのかって、じっくりと見せ合ったり話し合ったりすることがあまりないのかも

堅苦しい話は抜きにして、気負わず気軽に話して知るために、お互いにパッキングしたものを持ち寄ってみたらどうだろう。みんなで見せ合ってワイワイやりながら情報交換してみたい!

そして、ただ持ち物を減らして軽くするだけの目的ではなく、自分にとって本当に必要なものをチョイスするために、パッキングのアレコレ、見直してみませんか

講習ではなくはミーティングスタイルでの開催です◎

ナビゲーターには、北アルプス夏山常駐パトロール隊や元バックカントリーガイドとしての豊富な経験を持つ【稲垣 力(いながき りき)】さんをお迎えして、山で出会った人々の思いがけない持ち物や道具の使い方のナルホド話、ちょっとしたノウハウなども聞いたりもします。

ナビゲーターは豊富な経験を持つ稲垣さん

嬉しいことに、10/23当日は満員御礼での開催でした◎
そして、さまざまなパッキングが集まり、本当に多種多様!!

ミーティング開始後、ナビゲーターの稲垣さんのパッキングアイテムをザッとみんなで拝見したのち詳しいことはまた後ほどの解説で、、ということで、まずは各自持ち寄ったパッキングの重量確認からスタート。

これは「軽いからよい、重いからいけない」ということではなく、各自の荷物の重量を把握するため、そして自分の体にのしかかってくる重さを認識することがまず第一歩。その重さを構成しているアイテム・ギア一式が自分に本当に必要であるのかどうかを再確認し、そして同じものを持っていっても入れる位置や背負い方でも重さの認識はだいぶ変わるということも重要なポイントになってきます。

そして次に、各自の持ち物を披露〜

簡単にどんな山を想定しているか(夏に行く予定だった唐沢岳…など)を伝えた上で、ひとつひとつザックの中から取り出します。

順番に各自の中身を披露

けっこう皆で、おー!とか、なるほどー、となった瞬間。

これってどうして持っていくの?とか、こんなシェルがあるんだ、こんな収納の仕方があるんだ!なんて参加の皆さん興味津々。質問も自然と飛び出します。

エマージェンシーキットについての意見交換もかなり盛り上がった

燃費の良い人悪い人での行動食の持ち方の違い、ポイズンリムーバーを持っていくかどうか、ゲイターの必要性や季節別の正しい使い方、持っておくと重宝するエマージェンシーシートや、地図の必要性と方角や位置の認識まで幅広く話が展開し、時間を忘れて話す人たち…笑。

真剣ながら楽しそう!

今回、参加された方々は、山やアウトドア歴も自分の好むシチュエーションも様々(HIKE、登山、トレイルランニング…)、それぞれのパッキングの理由も様々、聞いてはいても実物と共に触れる時間はあまりないんだなと店側の人間としても再認識すると共に、とても貴重なものとなりました。

最後は、稲垣さんのパッキング実践編を参加者皆さんで真剣なまなざしで確認しながら、皆さん自身のパッキングとの違いや、ちょっとしたパッキングのコツを聞いて頷いたり、これは山では行って欲しくない行為などを聞いてあらためて認識したりして2時間に及ぶMEETINGは終了。

稲垣さんがアイテム説明とパッキング一通りを実践

終了後にはYAMASAIでも大人気だったハイカーであり栄養士であるSaaya(サーヤ)さんのエナジーバー”S5BAR”のお土産つき、今回は2種類のテイスト「イチジクミックス」と「抹茶ピスタチオ」をスペシャルパッケージでお渡ししました。(Saayaさんありがとうございます!!)どちらも高栄養価で腹持ちもよいエナジーバー。これを装備に忍ばせて、これからもフィールドを楽しんでいただけたらと思います。

栄養士でハイカーのSaayaaiさんのつくるエナジーバー(限定品)

MEETING後も、雑談タイムで尽きない情報交換!
皆さん、本当に最高です。

今回は翌日に行う予定だった「泊まり編」は見送り(秋シーズンの土日はみんな山行狙いでイベント予約には不向きでしたねー)次回開催となりましたが、日帰り編だけでもこれだけ盛り上がり、またリクエストも多いので時期をみてまた企画しようと思います。

お次の企画イベントは12月。

また近々、告知いたします!


山と道 A/W製品入荷と在庫状況のご案内《10/31》

2020.10.31営業案内

10/29より発売の山と道製品のご案内と、お問合せが多い現在取り扱いの在庫状況についておしらせです。
店舗にお越しいただく際の参考にしていただけたらと思います。

各カラー、サイズ詳細までは載せていませんので、気になる方は引き続きお問合せください。

なお、通信販売についてはメーカー側の意向で行っておりません。
予めご了承ください。

▼10/29 発売開始は下記の製品となります
Winter Hike Pants
Alpha Anorak
Merino Coach Jacket
Merino Knit Cap
Alpha Haramaki

そして
Merino Full Zip Hoody

Merino Full Zip Hoodyについては、山と道online販売に先駆けて店舗先行販売となります。待っていたんですー!!という声も多いこのアイテム、入荷直後ですので在庫もまだありますので、ぜひ店舗にてご試着ください。

またMerino Knit Capの入荷分はですが、MustardとDeepForest、Burgundyが残りあと僅か、それ以外のカラーは完売です(次回入荷未定)。やはりニット帽は冬のマストアイテムですね〜!ニュージーランド産のメリノウールを使用してヒマラヤの麓ネパールの女性たちが編み上げているというこのニット帽は、柔らかい手触りとオーセンティックなデザイン、そして発色が抜群によいのも人気の理由のひとつです。

Merino Knit Cap/Burgundy


▼上記以外のA/W入荷アイテム在庫状況

Merino 5-Pocket Pants(Men)
LightGray残り僅か、他カラーは在庫あり(サイズ一部欠けているものあり)
Merino 5-Pocket Pants(Women)
LightGray残り僅か、他カラーは在庫あり(サイズ一部欠けているものあり)

Merino 5-Pocket Pants/Charcoal


Light Alpha Vest/Jacket(Men)
在庫あり
Light Alpha Vest/Jacket(Women)

Light Alpha Vest/Jacket
肩部分のジップを開けて…
袖を取り外ずし!!
ベストにもなる保温行動着

在庫あり
Merino Shirt
在庫あり(カラーによって残りサイズは異なります)
Merino Short Sleeve Shirt
在庫あり(カラーによって残りサイズは異なります)

Merino Shirts/Blue Check
ハリ感のある生地は街でも着心地よく
山でも肌触りよく暖かく使えます

Merino Pullover
在庫あり(XS、S完売、カラーによって残りサイズは異なります)

Merino Cap
GraniteGreenのみ

傾向としてはメンズライクが好きな女性のお客様もわりと多く、今期よりUnisexからMens/Womensとなった製品もあるため、全体的にMensアイテムがボリュームを持って入荷しています。またリピーターの方もとても多い商品の為、初めて購入をお考えで現状在庫がご心配なかたは、随時お問合せください。

まずはご試着にて全体のシルエットやサイズ感、可動域などを把握の上で、ご自分にあったサイズをチョイスしていただくこともとても重要です。必要な場合には、店主・スタッフもフォローしておりますので、お気軽にお声がけいただけたらと思います!

この他、MINI/MINI2/TRHEEも再入荷をしていますのでご覧いただけます(一部サイズカラー完売あり)。BACKPACKに関しては、正しく背負うことで荷重の分散されるような設計となっているため、各ディテールの使用方法などもご説明していますので、こちらも随時お声がけください。

10月も最終日!
北アルプスも既に白くなり本格的な冬シーズンへと少しづつ変化の季節。里山は秋真っ盛り、今週いっぱいは楽しめるでしょうか。

引き続き、様々な製品情報をお伝えすると共に、フィールドの情報やアイテムの使用感などを店舗、そしてこのWEB上でもお伝えしていきたいと思います!

ご来店、お待ちしています。

exhibition《 Y A M A S A I 》開催

2020.08.14営業案内

2020.8.22 sat.-8.23sun.  – YAMASAI(山祭) – 開催のお知らせ

山にふれるため

山を想いととのえたり

山をより身近にかんじる

そんな2days exhibition《 Y A M A S A I  》を開催します。

まずは山行には欠かせないテント。

どうせ手に入れるなら、実物をじっくりみて自分にあったものを知りたいという方も多いことでしょう。

このexhibitionでは、4つのテントメーカーのテントが集合。今は小屋泊だけど、いつかはテント泊もしてみたい!という方にも必見です。その他、ウェアやバックパックも並びます。この機会にぜひお試しください。

そして山を愛する人たちが産みだすアイテムも並びます。

山用のテーブルで人気上昇中の”SANZOKU PRODUCTS”からは、テーブルと併せて新作のグラス、カップ等々。

栄養士でありインスタグラムでは山行を中心とする投稿で人気を博しているsaaayaiがレシピ開発した大注目のエナジーバー「S5BAR」は3種類のテイストを展開。

そして弊店でも常に需要のたかい、長時間かけて林檎の栄養素たっぷり閉じ込めているアウトドア行動食「APPLE TRIP」も並びます!!

SANZOKU TABLE
S5BAR
APPLE TRIP


今回は、各メーカー担当者やつくり手本人から直接や製作に至った経緯までとことん聞くことができる貴重な2日間!

どうぞ皆さまにとって、山を感じることができるひとときとなりますように。

場所:Lighthouse(長野市鶴賀緑町1607−12 シンリョービル2F)

日時:8.22 sat.  11:00 start
8:23 sun. 12:00 start

《 出展 》

SANZOKU PRODUCTS(アウトドア木工用品)

ZEROGURAM (テント)

samaya equipment(テント)

CRUX(テント・バックパック)

Lightwave(テント)

STATIC(アウトドア ウェア)

Saaya(エナジーバー「S5BAR」)

宮下果樹園(アウトドア行動食「APPLE TRIP」)

…ワクワクするほど盛りだくさんな上に、さらなるビッグイベントが同時開催!!

《 同時開催 》

▲ and CIDER「TSUBAKURO SPANKY」リリースイベント

山行での旅を思い出して下界でもう一度登山してる様に、皆と語り合い、感じられる

そんなサイダーが宮下直也が代表を務める《 andCIDER 》より初リリース!!

“HIKE” “BREW” “GROW”から繋がり生まれるTRAIL HARD CIDER

林檎と自然とそれを愛するコミュニティが主役

「共に」をテーマしたサイダーブランドです。

第一弾は「TSUBAKURO SPANKY」

北アルプスの女王を呼び声の高い燕岳をイメージしたハードサイダー

いち早く体験できるのはここだけ!!

当日は、試飲やボトル購入いただけます。

ぜひこのあたらしいハードサイダーを通じて、山への想いを感じてみてください。

●and CIDER(TSUBAKURO SPANKY)はお酒です。
●未成年者の飲酒は法律で禁止されています。
●20歳以上の年齢であることを確認できない場合には、酒類を販売いたしません。ご購入の際は年齢確認を行っております。
●必要に応じて年齢確認のご連絡をさせていただく場合がございます。

▲ NorthSouthEastWest  presents  – NATSUUTAGE(夏宴)-

お隣のCafe&CoffeeStand|NorthSouthEastWestでは、夏をよりたのしく過ごせること間違いなしのNight営業《 N A T S U U T A G E 》を開催!

8.22 Sat. 17:00 Start  → 20:00 Close
(アルコールを含む”NightMenu”のご提供になります。)

短い夏の夜をNSEWでもたのしんでみませんか。

当日は、終日浴衣でお越しのお客様にはちょっとしたお土産のプレゼントがあるとか。詳しくは直接《 NorthSouthEastWest 》へお問い合わせください。

Lighthouseオープン

2020.07.29営業案内

私たちが店舗を営む長野市役所隣に佇むビルの一角。
この場所の1階での展開をはじめてもうすぐ2ヶ月が経とうとしています。たくさんの人が街と自然を行き交える場所としてはスタートしたばかりですが、あらたな展開のお知らせです。

この場所の2階部分にあたらしい空間が出現しました!


2020.7.23 new open
[ Lighthouse ]
-interior outdoor beer & more-

様々な人が参加し、新たな発見と体験ができる場所地下で北欧のビンテージ家具のstockroom( Ph.D stock”hue”)を展開している Ph.D.(フッド) が中心となり、あらたな広がりをみせる空間をつくっています。

Ph.D.は[ interior & more ]を。
NorthSouthEastWestは[ beer & more ] を。
NATURAL ANCHORSは[ outdoor & more ]を。

ここに含まれる[more]はじつはとても大切な要素となります。


新たな試みとしては、地元の飯綱町の農家さんなどで採れるめずらしい品種の野菜や、こんなに流通が発達していなかった頃に大切に食べられていた今は希少になってきている伝統野菜、朝採れの瑞々しい野菜たちなどを購入できたりすることもあります(都度、展示や販売の形態が変わるので随時ご確認ください)。

またNorthSuthEastWestにて展開がはじまったPatagonia Provisions手がけるBeer / Long Root Pale Aleも購入できます(TOGO不可)。併せて、北海道北見市産の珍味である「ポン鱈」も量り売り(10yen /g)をし「ビールとつまみ」を手に持ちながら飲みながら、フロアを堪能できるようになっています。

私たちNATURAL ANCHORSでは、2019年春よりはじまった誰かが必要なくなったものでも次の人に引き継いていけるものを大切にしていくためのUSED OUTDOOR ITEMの展開を中心に、山に関するBOOKS(開始時期9月以降)、WORKWEREとしてもこだわりを持つFUTTENや最近展開がはじまったZEROGRAMのテント、そしてテントの歴史を語るときには外せない(と言われている)BILL MOSS氏が手がけた今は亡き「MOSS」のテントも観賞用としてですが展示しています。この展示を通して今ある山道具がどのような背景を辿ってきたのかを少しでも感じてもらえたら嬉しいと思っています。

そしてビルの1・2階を存分に行ったり来たりしながらこの3店舗が織りなす山の稜線のようなシームレスな空間をお店を超えた感覚で楽しんでみてください。

これからも楽しめる「あらたな灯台[Lighthouse]として機能していくこの場所は、刻々と変化し生みだされる新しい愉しみ[more]を照らしだすことで、訪れた人がその愉しみを発見したり体験できたりする遊び場として、販売をすることのみならず様々なイベントやマルシェなども開催予定です。

随時、開催予定などをSNSとこちらのWEBページで告知していきますのでどうぞお見逃しなく。

instagramはこちら
facebookはこちら

最近の記事

カテゴリー

月別に見る

営業日案内

このページのトップへ