NATURAL ANCHORS ナチュラルアンカーズ|長野市にあるアウトドアセレクトショップ

トップページに戻る

INFORMATION ナチュラルアンカーズからのお知らせ

ブログ

sotocalss|VisualBookができました

2017.04.18ブログ

大層なタイトルですが本当に素敵な冊子が完成しました!

ソトクラス写真8

昨年から試みているイベント「sotoclass」

「屋外で体験する授業」として大自然のロケーションの中、自分の目で見て、触れて、つかってみて体感する。そういった体験からひとりでも多くの方の記憶に残り、その記憶がこれから「アウトドアを愉しみたい」「山へいこう」「湖畔ですごそう」「キャンプへいきたい」といったときに「準備するもの」や「選ぶ場所」「つくること」「過ごすこと」などにおいて少しでも役立てたりしててもらえたらいいなとおもって継続しています。

ただそれだけではなく毎回「はじめまして」の方も多く、大自然の中で一緒に珈琲の淹れ方を学びつつホッと一息を楽しんだり、美味しいごはんをたべて笑顔になったり、暖かい火を囲んだり…そんな大切な時間があります。

ソトクラス写真5

ソトクラス写真2

「せっかくだからこの大切な時間を参加してくれた方の記憶だけでなく、これから興味をもってくれる「sotoclassってなんだろう」という人へも共有できるように記録にも残したい」そう考えてつくりはじめたのがこの冊子です。

写真という風景の一瞬を切り取った世界でも、見せ方によって伝わるものが本当に違います。
瑞々しかったり儚かったりする自然の様、珈琲の匂い、美味しそう、美味しい!という表情…そんな感覚がこの冊子をとおしてダイレクトに伝わってくるのではないかとおもいます。

ソトクラス写真1

ソトクラス写真6
伝えたかったものは明確にわかっていても、伝える手段として紙という媒体を選び、お願いしたいと思う人にお願いができ、自分達の想像を超えた一瞬が切り取られたその記録を目の当たりにすると、本当につくってよかったなと思える一冊です。

記憶と記録の共有。
どんなものだろう、そう思ってのぞいてもらえたら嬉しいです。
ソトクラス写真4

「sotoclass」VisualBook|2016.autmun-winter
撮影:田淵三菜
デザイン:廣田義人
企画・編集:NATURAL ANCHORS

[田淵三菜]
カメラマン・写真家。1989年、神奈川県生まれ。群馬県嬬恋村在住。森の中で家族の記念写真を撮影する写真館「森の写真館3×7(サンナナ) 」主宰。2016年、第二回入江泰吉記念写真賞受賞。2017年、写真集『into theforest』(入江泰吉記念奈良市写真美術館) 出版。

[廣田義人]
グラフィックデザイナー。1985年長野市生まれ。長野市在住。地元の美術専門学校を卒業後、デザイン会社に勤務。2011年に「デザイン事務所 机の上」を設立。長野市を拠点に活動中。趣味は植物と自転車。

\ そして新たな試みも始めます /

このsotoclassの冊子としてのさらに新しい試みも始めます。sotoclassに参加する方はさまざま。それであれば写真を撮る人もさまざまに異なる目線で捉えてもらうのも面白いかもしれない…そう思い、これから毎年異なるカメラマンさんへ撮影をお願いし、自由な視点で撮影してもらおうと考えています。そして同じように冊子に落とし込み、記録として残していきます。年明けには完成させる予定です(完成時期はあくまでも予定ですが…)

2017年は松本に在住するカメラマンの古厩志帆さんこと”しょんしょん”

[古厩志帆] http://shihofurumaya.com
2012年アシスタントから撮影に携わり始め関西・愛知と3年間過ごし、2015年に地元長野県塩尻市に戻り、塩尻市を拠点にしながらカメラマンとして活動しております。

IMG_6812

”しょんしょん”の写真はたまたま以前から目にしていて、偶然にも3月(本当に最近)に出会う機会があり、お願いするに至りました。元気で笑顔が素敵な”しょんしょん”。こちらまで笑顔になるような人です。そして彼女からの提案で今年の6回開催の写真はWEB上でご参加者さんが各自購入もできるというカタチにもなりそうです!また詳細はご参加の方に告知させていただきます。全クラス、雨が降らないことを祈るばかり…本当に楽しみです。

sotoclass (spring-summer編)の詳細はコチラからご覧いただけます。

さらに!sotoclass同日の午後からは、門前のゲストハウス「1166backpakers」の企画にて引き続き”しょんしょん”の撮影する「門前の日常|家族写真」が開催されます。4・5・6月は決定の模様。秋以降はまたお知らせがあるとおもいます。家族に写真を残したい、という方はぜひおすすめです。

ボルダリングジム「 EDGE AND SOFA 」

2016.07.26ブログ

\ 松本で訪れたお店 vol.3 /

@EDGE AND SOFA

栞日さんでの余韻を楽しみながら最後に向かった先は、EDGE AND SOFAさん
2エッジアンドソファ

クライミングギアとアパレルを扱うセレクトショップが併設されたジム。

なんどか立ち寄っているのですが、いつも山へ行った帰りだったり時間がなかったりでちらりとしか立ち寄れなかった場所。
今回も急に立ち寄ろう!と思い立ち、夕暮れ時にお邪魔しました。

ここはボルダリングジムですが、ウォールは新しく立体的で豊富なバリエーション。
靴を持ってきていなかったことが悔やまれました(いつでも積んどけって話ですね。ほんと。)
エッジアンドソファ1

偶然、弊店にも来てくださるお客様がチラホラといらっしゃっり、じゃあジムの中も拝見なんていって登っているところを見がてら、ウォールの形状や課題の話などでついつい時間を忘れて話し込んでしまいました。

中学生くらいの女の子が普通に登りにきていたりしていて(しかもかなり強い)、若い世代のクライマーの層にはかなり期待がもてそうですね。

そして併設するショップは個人的にいつも好きで来るたびに寄ったりはしていたのですが、充実の品揃えでとてもよい刺激となりました。
エッジアンドソファ3
松本方面へ出かけられる方は、いちどぜひ立ち寄って見てください。

今回の松本ではプライベートの休みのため、ゆっくりとした時間を家族と過ごしました。
その間に立ち寄ったお店の一部をご紹介しましたが、いづれもお店や始めてからのつながりやクライミングをしている上でのつながりであったりすることを考えるといい出会い、恵まれた環境いることを感謝する日々です。

さて本日はSUMMER SALE最終日!
平日ですが、ラストデイ!

そんな日頃の感謝の気持ちを忘れずに19時まで営業です。

お仕事帰りやなどでもお時間あるかたはぜひ、おでかけください。
おまちしています。

SUMMER SALE 開催中2016.7.26まで /

= NATURAL ANCHORS =
http://www.naturalanchors.com
☎︎026-217-8512
OPEN 11am-19pm (冬季12-2月/12pm-18:30pm)

栞日さんと 「ALPS BOOK CAMP」

2016.07.23ブログ

\ 松本で訪れたお店 vol.2 /

@栞日

前回紹介したamijokさんを後にして向かった先は、先日リニューアルオープンしたばかりの栞日さん。

元電気屋だったという建物は、外装はほぼそのまま(電気店の看板もそのままでいい感じ)。

一度気がつかずに通り過ぎてしまいました‥まあ逆の歩道にいたからという言い訳なんですが、戻って歩いていると足元に見える看板「栞日」の文字。
栞日4

ここか~とガラス張りの入口から見える広々とした店内。奥にはカウンター。そしてそこで珈琲を入れている店主・菊地さんの姿が。

「おじゃまします」と店内に入り、菊地さんと挨拶を交わし、雰囲気のある店内を眺めつつcafeメニューを注文。(ご存じの方も多いかもしれませんがcafeも併設)建物の構造が活かされた内装を施されていて、差し込む陽の光がほどよい陰影をつける気持ちいい空間。
栞日2
栞日3

そして急な階段を登り切って2階へ。

沢山の興味深い本(ここは本屋さんなのです)が並ぶ書棚は、大小さまざまな古びた箱や引き出しが不規則にでもパズルのように積み上げられ天井まで。高さのある空間なので見応えがあります。珈琲ツールや雑貨小物はどの販売もしていました。テーブルと椅子も並べられているので好きな場所に座ってこの空間を愉しむことができます(愉しみました)。写真はないのですが、FLYTAGも販売されていて愛用者の店主はテンションあがっていました。

栞日5
栞日1

実は栞日さんは8月に参加するALPS BOOK CAMPALPS BOOK CAMPの主催もされています。

昨年初出店した木崎湖畔でのこのイベントは、インドアとアウトドアの融合体。

今年は前夜祭を含め3日間の開催。そして弊店も3日間みーっちり参加します。

フライヤーもいただいてきましたので、店頭にてぜひ手に取ってお持ち帰りください。

栞日(ABC)

湖畔の景色やゆるやかなCAMPの雰囲気を存分に楽しめるイベントですので、栞日さんのHPからぜひチェックしてみてください。
http://sioribi.jp/

栞日さんのfacebookページでは出店ブースの情報更新もはじまっているようです。

また近くなったら弊店でも告知もしていきたいと思います。

よろしくお願いします。

SUMMER SALE 開催中2016.7.26まで /

= NATURAL ANCHORS =
http://www.naturalanchors.com
☎︎026-217-8512
OPEN 11am-19pm (冬季12-2月/12pm-18:30pm)

amijokさんと 「 ALPSCITY COFFEE 」

2016.07.23ブログ

\ 松本で訪れたお店 vol.1 /

@amijok

先日の休みは山・・ではなく、松本へ。

松本で巡ったお店3店舗を、ブログで少しづつご紹介していきたいと思います。

まずは、久々に立ち寄ったamijokさん。
amijok1
ファンも多い美味しくてボリュームたっぷりのマフィン、もちろん頂いてきました。マフィンと共にしたのは、松本をイメージしてつくられたという「ALPSCITY COFFEE」。

amijok2

・・テントで迎えた朝に思わず飲みたくなるという、香ばしい焚火をイメージした「NATURE BREND

・・華やかさを兼ね備えながらも、街を駆け抜ける凜とした空気を感じるような「City Blend

イメージから珈琲をつくるという着想や、目を惹くパッケージデザイン、淹れたての2つのまったく違う味に驚かされながら、amijok夫婦からこの珈琲ができあがるまでの話を聞きつつ、楽しい時間を過ごすことができました。

店主のコジマ君は、来週よりこのamijokからpatagonia白馬店さんまでの約70kmをアーティスト カザマナオミさんと共に1週間かけての行商ふらり旅するそうです!そしてさらに!到着地のpatagonia白馬店前では、7/30-31の土日にマルシェがありそこにも参加するとのこと!行かなくっちゃですね。特にお近くの方はぜひ。

facebookでイベントページもあるので皆さんぜひ、応援&参加してみてください。
https://www.facebook.com/events/1052453991498096/
そしてもうひとつ。

この「ALPSCITY COFFEE」をお土産として(若干、自分でも飲んじゃいますが‥)購入。
amijok3

SALE期間中、5000円以上お買い上げのお客様『 先着5名様 』まで差し上げます!

NATURE BREND」「City Blend」のお好きなイメージをからお選び頂けますので、SALEいこうかななんて方はチェックしてみてくださいね。

余談ですが・・amijok5周年でつくったという「活版マッチ」も思わずツボで購入してきました。
amijok4 amijok5

お店にディスプレイ(でもこの時期はキャンプや香取線香にと大いに活用もできそう・・)していますので、クスッと笑ってもらえたら嬉しいですね。

では、本日もお待ちしております。


#‎松本土産‬
‪#‎amijok‬
‪#‎naturalanchors‬

SUMMER SALE 開催中2016.7.26まで /
= NATURAL ANCHORS =
http://www.naturalanchors.com
☎︎026-217-8512
OPEN 11am-19pm (冬季12-2月/12pm-18:30pm)

sotoclass CLASS|02開催しました

2016.06.29ブログ

 

6月半ば、イベント sotoclass  CLASS|02『 そとでテントを張ってみる 』を開催しました。

ハイキングに登山・キャンピング。野外で遊んで、焚火をしたり、珈琲淹れたり山飯をつくったり、星空を眺めて…と野遊びをたのしむ機会が増えるシーズンに突入しています。新鮮で豊富な自然の恵みが深く広がるこの地を思いっきりたのしめる季節。

泊まるなら山小屋やバンガローもいいけれど、大自然に溶け込むように過ごす野宿はまた格別です。

そんな野宿にかかせないツールのひとつ【テント】

今回は、真夏シーズン到来前には知っておきたい『 テントの種類 』や『 張り方のちょっとしたコツ 』を、当店で取り扱いあるテントから店主自前のテントまで全4種をつかって、とにかく見て触ってそれぞれの違いを比べてみようという試みです。

場所は、前回に引き続き飯綱高原にあるキャンプ地。
13579965_1181043588612412_986976586_o 13569916_1181043561945748_1789264268_o
梅雨時期のはずなのに…と心配になるほどの快晴。湖のような水面が美しい大座法師池と、ひらけた景色の飯綱高原。
街から20~30分ほど車を走らせるだけで到着できるこの大自然は、本当に貴重です。

そして用意したテントの種類のは以下の4種。

▼シングルウォール×自立式
sixmoondesigns luna duo

▼ダブルウォール×自立式
MSR elixir 2

▼シングルウォール×非自立式
Big agnes seedhouse2

▼ダブルウォール×非自立式
moss superdome ※店主私物

さらに【フック式 】or【スリーブ式】という2タイプに分かれます。
13460952_1175129472537157_710320351_o

まずは基本的な『設置場所』や『向き』などについて口頭で説明しつつも、やっぱり話すより実践が一番!と早々に実践編へ。
紹介したテントを、もういちど店主がかんたんに説明したのち、それぞれ分かれてまずは重さを比べてみたり、広げたかたちをみたり。
IMG_0245 IMG_0260
広げる前から「こんなに重さが違うんだー!」という声もチラホラ。持ち上げていたのは店主の自前のテント。まあ、それは相当昔のもの(mossという現在のMSRの前身となったメーカー)だったりして、ずっしり重く、現在のものと比べたら「え?」って思うことも頷けます。だけどそれ以外の現行モデルは軽量で薄いウォールが多く、そのほかにも軽さ追及のためにそれぞれ工夫された構造が次々と明らかになっていきます。

でもまだ広げただけではピンとこない方もいるようでした。完成したカタチって想像しづらいものですよね、、

次に、各自で組み立て開始です。

ポールを組み立て差しこんでみたり、
13453236_1175129072537197_362136326_o

IMG_0261
13499497_1175129405870497_1454471673_o
本体を内側(ウォール)を おこし、

IMG_0254 IMG_0265

ペグの打つコツを交えつつ、それぞれで打ってみたり
13555594_1181043738612397_887436304_o 13569955_1181043708612400_234399068_o
最後にフライを張って・・・
13460950_1175129152537189_1772607152_o 13467382_1175129295870508_1512702310_o
自立と非自立式の組み立て方の違いを見比べたりしつつ、完成ー!

出来上がったテントの見た目やウォールの違い、テント内の広さを中にはいって比べてみたり、ガイラインやフライの必要性について話したりしつつ、終了。おつかれさまでした!

13578533_1181048845278553_709473550_n
終わった後は、木陰でヤマとカワ珈琲店の店主・川下くんの淹れた珈琲を味わいつつ、話をしたりして少しのんびりと。やはり野外で飲む珈琲は美味しいですね。
IMG_0271

今回ほとんどの方が、「テントを設置したことがない」という方がでした。そのため、テントの種類でこれだけ用途や使い勝手が違うんだ!と実感してもらえたと思います。

キャンプを楽しむ人が増えている今、「テントは欲しいと思っています」という方は、参加者さんだけでなくお店へ来店されるお客さまにも多く、シェラフ同様「ひとつは持っていてもいいツール」と考える方が多いようです。

ですが、これからキャンプをはじめようと思う人がアウトドアショップを訪れて、多くのテントが並んでいるのを見たとき、どんなテントが自分のニーズにあっているのか悩む場合がほとんどだといいます。

もちろん経験豊富なスタッフの方へ相談しつつ購入をすることもひとつですし、「気に入ったものカッコいいものが欲しい」とインスピレーションを大切にすることも重要です。でも実際に使えたならば、、そんな思いがいつもありました。もちろん全部は無理でもイメージやコツだけでも掴めたらいいのではないでしょうか。

そんな中で『soto class』ではこれからも、野外で過ごすためのちょっとしたコツをお教えできるといいなと思っています。

次回のsoto class|CLASS03 は、7/18(月・祝)『そとで山飯をつくってみる』
facebookのイベントページで参加募集もはじまっています。

ご参加、お待ちしております。

==============
NATURAL ANCHORS
[HP]http://www.naturalanchors.com
[Tel] 026-217-8512
[OPEN] 11am-19pm (冬季12-2月/12pm-18:30pm)

 

 

 

 

 

 

 

 

1 / 3123

最近の記事

カテゴリー

月別に見る

営業日案内

不定休 close

このページのトップへ