NATURAL ANCHORS ナチュラルアンカーズ|長野市にあるアウトドアセレクトショップ

トップページに戻る

INFORMATION ナチュラルアンカーズからのお知らせ

Arc’teryx LEAF FUSION JKT

2018.01.16入荷案内

北米より直接仕入れるArc’teryx LEAFライン

知る人が知る軍司法関係ライン。本国でもiDを持っていないと購入できず、
日本でも一部のセレクトショップでごく少数しか販売されていない希少なライン。
当店でも実物を見たのは初めてという方もいらっしゃったり、Arc’teryxは知っているけれどLEAF は知らなかったというお客様も。

そんなLEAFラインの中でこのFUSION JKTは10年ほど前にアークテリクスが独自開発したサーマテックを使用。
化学繊維に撥水加工を施したもの。この素材の水の抜け感はすごい。
冬の保温性能のあるJKTの用途は大きく分けて2つ
ダウンJKTのように待機の際(テントの中やビレイ中など)に使うものと、
汗をかいたり、濡れたりする行動の際に使うもの。
ということはこのJKTは後者の寒いけど行動するという相反することをする際に使える優れもの!
(動かない時でも十分保温力はあります)
​メンブレンは高い防水性と透湿性を持っているウィンドストッパーなのでオーバーヒートは抑え体温低下もしっかりと抑えてくれます。
ダウンに比べると嵩張るなどのデメリットもありますが、それ以上の利便性。
素材が化学繊維なのでダウンのようにケアにもシビアにならなくていいですしね。

164㎝、60㎏の店主が中にPTGのR1 を着て袖丈、および身頃が余るくらいの大きさ。
R4のような厚手の物を着るとサイズ的にはジャスト(JKTはSサイズ着用)
やせ型の方であれば170㎝くらいまでは十分着用可能なサイズ。
ちなみに店主はタイトな着方が好みの為、アークテリクスの通常ラインはXSを、PTGはジャストサイズでXS、ゆとりを持たせる場合はSを着用しています。
LEAFシリーズは肩幅、アームホールが通常ラインのアークテリクスより大きめ。
向こうの人は体格がいいですからね。

また通常アークテリクスのロゴは生地に栄える色使いが多いですがここはさすがLEAF
同系色でわかるかな程度にさりげなく首後ろにロゴが。
しかも生産国もまだMADE IN CANADA。
通常ラインはもう中国産になってしまったアークテリクスですがまだLEAFラインはまだカナダ産。
こだわりのポイントの一つですね。
セットアップのパンツも同時に入荷。パンツの詳細はまたのちほど。
当店オンラインショップのページはこちら

最近の記事

カテゴリー

月別に見る

営業日案内

不定休 close

このページのトップへ